施工の流れ

マイホーム!気が付いたらこんな状態になっていませんか?

私たちが毎日生活する上で、時間と共に劣化していく建物。日本の住宅の平均寿命は約30年と言われる中、塗膜が劣化してしまうと紫外線や雨風が直接影響を及ぼしてしまい、建物内部までも劣化の進行を早めてしまいます。

塗装する意味

塗装する事でおうちをどう守ってくれるの?

強い日差しや雨などの過酷な自然環境。毎日快適に暮らせるのも屋根や壁で守られているおうちがあるからこそ。
そんなおうちの屋根や外壁を守ってくれるのが塗装の役目です。

塗装は、紫外線や太陽熱、カビ・苔、サビ、湿気などより外壁を守る役目をしています。
ポイント
塗装する意味とは、「酸性雨や紫外線」「雨漏りによる腐食、カビ」等の発生を未然に防ぐ、とても重要な役割があります。
塗装をせずに放置すると建材がどんどん傷む原因となりますので、おうちが何の支障もなく、健全でいられるかは定期的な塗り替えが欠かせません。
ページの先頭へ

塗り替えの時期

建物の劣化を進行させないためには、適切な時期に塗り替えを行う必要があります。
塗り替えが必要なのはわかっているけどいったいいつすればいいのかがわからない。そんな方の為に、わかりやすい症例と時期をご紹介します。

こんな症状が出たら塗り替えを。
チョーキング
チョーキングとは、太陽熱、紫外線、雨、風等による経年劣化で、塗膜表面が粉を吹いている状態をいいます。
チョーキング
カビ・苔の発生
湿気が主な原因で、特に日光のあたらない北面や山沿いにある住宅に多く発生しやすい傾向があります。
カビ・苔等が水分を含んだ状態にあり、外壁や屋根等を早く傷める原因となります。
壁のカビ
色あせ・雨だれ
紫外線によって、塗膜表面が元の色と異なった色に変色することを言います。
美観のバランスが壊れる原因となります。
色あせ
ひび割れ、亀裂(クラック)
RC構造やモルタル壁に発生したクラックは、雨水の侵入によって、内部の鉄筋等の腐食や雨漏りの原因となります。
長年放置してると、場合によっては重症化するので要注意です。
亀裂
漆喰のひび割れ
意外と気づかない瓦の漆喰部分。
この部分の漆喰が、劣化によりひび割れや欠落することで、内部に詰めてある土が雨水により流れて出てしまいます。 そうなる事で雨漏りや、瓦の倒れ、はがれの原因になりますので早急な修復が必要です。
漆喰のひび割れ
色あせ・雨だれ
金属の表面が、酸化する事により発生します。
放置すると、どんどん腐食が進行して、穴が開いたりおれたりと、塗装だけでは対処できない場合がありますので、早めの処置が必要です。
サビ
サビ/dt>
経年劣化により、塗膜に柔軟性や密着性が無くなってくると起こる現象です。
チョーキングと共に、わかりやすい塗り替えサインだと思ってください。
塗膜の剥がれ
シーリング/dt>
シーリングとは、外壁等のジョイント部に充填されたゴム状のことを言います。
この部分が劣化することにより、雨漏りや内部の腐食につながる原因となってしまいます。建物外部での雨水を防ぐ役割があるので、切れたりはがれたりしてしまうと防水機能を失うことになりますので、こまめにチェックが必要となります。
シーリング
ページの先頭へ

施工の流れ

お客様からお問い合わせ頂いてから、完成、アフターフォローまでの流れをご紹介します。

step1

お問合わせ・ご相談

まずは、お電話、またはメールにてお気軽にご連絡ください。
お客様のご都合に合わせて、お伺いさせて頂く日程や時間を決めさせていただきます。

メールでのお問合わせ

step2

状況確認・診断

実際に建物を拝見し、お客様のご要望(予算・種類・色・お住まいのご不満箇所など…)を、じっくりと伺わせて頂きます。
診断は、塗装に対する知識と経験が必要です。塗装後の品質を左右する大切な工程ですので、翔防水塗装では必ず一級建築塗装技能士が診断を行います。

塗装前の状況確認の様子


step3

お見積書の提出

調査結果を細かくお写真にして、わかりやすくご説明します。
おうちの現状を知っていただいた上で、ご提案させてもらいます。
お見積書も数パターンご用意しますので、お客様にあった塗り替えプランをお選びいただきます。


step4

着工・色彩の打合せ

工事日程、仕上げ色、その他注意事項等、お打合せいただきます。この打合せ時に、カラーシミュレーションでの御提案、見本板での御提案等を行います。

色選びは地域との調和が大切です。シミュレーションソフトを使って、建物全体のイメージを把握します!

PCによるカラーの情勢イメージ

カラーシュミレーションを使った完成イメージ

色には、面積効果という理論があります。小さな色見本帳で見る色より、面積がはるかに大きい外壁では、鮮やかな色はより鮮やかに、明るい色はもっと明るくなります。最終的な色選びの時は、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。


step5

ご近隣へのご挨拶

工事着手3日から1週間前にご近隣の方々へご挨拶をさせていただき、仮設足場時に2tから4tトラックが来る事、飛散防止に対するメッシュシート、臭いの問題などご心配になると思われる内容に関してご説明させていただきます。
その際に、万が一の為に自社の問合わせ先などをお知らせさせていただきますので、お客様や近隣の方にご迷惑をかけないよう、細心の注意を払い工事させて頂きます。


step6

着工

現場毎に現場主任(一級塗装技能士)を配置し、最後まで責任を持って担当します。現場施工中は、現場スタッフはもちろん、営業スタッフにも、疑問・不安等ございましたら、お気軽に御相談下さい。
現場スタッフの飲み物等は弊社で手配をしておりますので、お気遣いは不要です。

洗浄の様子

下処理

屋根や外壁の高圧洗浄や、建物に合わせてシーリング打ち替え、鉄筋錆止め・樹脂モルタル充填など行います。
建物が長持ちするには、下地作りはとても大切な工程ですので、時間をかけてしっかりと施工していきます。

下地処理の様子


上塗り

お客様にお選びいただいた色で上塗りしていきます。
最終段階ですので、仕上がりを左右する大切な工程です。
細心の注意を払い、塗り忘れや希釈率を順守し、上塗りしていきます。

上塗りの様子


step7

完成・御引き渡し

完成したら最終社内検査を行ない、社内検査合格後、お客様へお引渡しとなります。
また、アフターメンテナンスの希望の有無や、感想やご意見などの用紙にご記入頂きます。

完成イメージ


step8

アフターフォロー

翔防水塗装ではアフターサービスに力を入れております。専門的な知識がないと、お家の状態が悪くなっているのかも分かりません。
普段見えない部分や、屋根の上などの危険な場所に登る事も簡単ではありませんよね?
そこで、すべて私達にお任せ下さい!塗り替え工事をした箇所を1年に1回チェックをし、チェックシートをお渡しする仕組みです。
塗装が終わって、その後の経過を知っておくだけでも気持ちの安心度が違います。
悪くなった箇所を早めに直す事で、生涯ご自宅に掛かる維持費を少しでも減らすお手伝いをさせてください。

外壁の塗り替え工事尾をした場合 屋根の塗り替え工事尾をした場合
ウレタン塗料の場合  10年間 ウレタン塗料の場合  8年間
シリコン塗料の場合  15年間 シリコン塗料の場合  10年間
フッ素塗料の場合   20年間 フッ素塗料の場合   15年間
光触媒塗料の場合   20年間 光触媒塗料の場合   15年間

※屋根、壁共塗装された場合は外壁のアフター期間を適用します。

最長20年にわたり、年に1回お無料点検を実施

※任意でのサービスになりますので、予告なく変更・停止する場合がございます。
あらかじめご了承ください。


ページの先頭へ
職人紹介
超撥水で汚れに強い!stoロータソン
採用情報について
カラーシミュレーションソフトで塗装後のイメージがわかる
お客様の声
とべブログ
お知らせ
お気軽にお問い合わせください